費用を抑えて資格を取得するなら

園児と先生

学校に通うにしても、できるだけ学費を抑えて保育士の資格を取得したいと考える人もいます。そうした人には、専門学校、もしくは短大を選ぶことにより、短期間で尚且学費を抑えながら資格の取得を目指すことが可能です。保育士になるためには、指定されたカリキュラムを選択し、授業を受ける必要があります。これは、国が定める規定に基づいてカリキュラムが設定されているため、その講義を受けることによって資格取得のための条件を満たしたと認定されます。これにより、国家資格である保育士の資格を得ることができるようになります。専門学校や短大の場合、2年間で資格を取得することができるので、少ない学費に抑えられ、時間も短縮できます。

専門性を身につけるために

女性保育士

もし、幼児教育についてさらに学びたいと考えるのであれば、4年制の大学、もしくは、大学院を目指す事が得策です。たしかに、保育士の資格取得のみを目指すのであれば、短期大学や専門学校で十分であると考えられています。しかし、実際に現場で働いてみて、もっと幼児教育について学びたい、もしくは、学ぶ必要があると考える人も少なくないようで、そうした人たちのために4年制の大学や大学院が用意されています。高等教育においては、研究を目的とした多角的な視点で幼児教育について研究をすることができます。短大などに比べると時間的にも余裕があるので、興味や関心のある分野の理解を深められます。

資格で働ける場所が増える

子ども

資格を生かして働くことができるのが、保育士の強みでもあります。資格がなければ働くことができないため、まずは資格を得ることでスタートラインに立つことができるようになるのです。また、近頃は保育士の資格を生かして、様々な場所で働くことができるようになってきました。例えば、今需要が高まっているのがベビーシッターの仕事です。無資格で運営しているところもあれば、良質な人材を確保するために、保育士の資格保有者を採用条件にしているところも少なくありません。そのため、専門学校で保育士の資格を目指すという人が増えているのも事実です。専門学校であれば、短期間で資格を取得して社会で働くことができます。学費も4年制大学に比べるとやすいのが特徴です。さらに、近頃は通信教育で保育士の資格を取得したいという人も増えてきました。他の仕事をしながら通信教育で学び、資格取得のための要件を満たすことができるのも強みです。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3